デザイナーズマンションといえば

デザイナーズマンションといえば

住むことがステータス!デザイナーズマンション

■ 32歳 女性
デザイナーズマンションと言えば、やっぱり住むことが自慢になるような尖ったデザインだと思います。
ゆとりのある空間に、斬新なスツール、ファニチャーにもこだわって、自分の趣味を満喫するのは、誰しもが憧れることではないでしょうか。
しかし、これからのデザイナーズマンションは、より生活のしやすさに寄り添ったデザインが、求められるのではないでしょうか。
叔父が体が不自由になってしまい、家の改装をしたのですが、その際に知り合いのデザイナーさんに依頼をしたそうです。
出来上がったと聞いて見に行ったのですが、これがとても素敵で驚きました。
玄関に手すりやスロープが取り付けてあるのですが、玄関の雰囲気に合わせた木製の手すりは握りやすく、滑らかに加工してあり、壁への留め具も目立たないようにしてありました。
門から玄関までのスロープも、セメントで塗り固めたのではなく、元のタイル張りの雰囲気を引き継いでいて、ずっと以前からそのデザインであったかのようです。

さすがデザイナーさん!と思わせるデザインでした。

おすすめ記事

  • CGの学校についてはココがおすすめです。
Copyright (C)2017デザイナーズマンションといえば.All rights reserved.