デザイナーズマンションといえば

デザイナーズマンションといえば

デザイナーズマンションにもデメリットはあります

■ 46歳 男性
以前、都内のデザイナーズマンションに住んでいたことがあります。コンクリート打ちっぱなしのフロアは、窓などの開口部が多く備え付けられて、とても開放的な空間で、そこを一目見た時に気に入ってしまい、契約しました。
室内も、コンクリート打ちっぱなしの壁面に、ウッドフロアのメゾネットタイプで、まるで外国旅行をしている際に泊まったホテルのような、無国籍な雰囲気でした。

そうやって、見た目はとてもいいマンションでしたし、招待した友人たちも皆が羨んでいました。
ただ、実際に住んでみて、子どもが大きくなってくると、やや不便と感じる点が出てきました。
一つには、室内全体が開放的な作りになっているので、子ども部屋や書斎といった、固定的な役割で部屋を割り付けることが出来ない点です。

トイレもガラス張りで、室内から見えるような作りになっているのも、夫婦だけで生活している分にはさほど気にならない(むしろ、ホテル風でいい)のですが、子どもができると、なかなかそうも言っていられない面があります。
全体として、デザイナーズマンションは、お洒落な作りになっていて、単身又は夫婦2人で暮らす分には非常にいいものですが、子どもが出来たりすると、やや使い勝手が悪いのではないかという気がします。
Copyright (C)2017デザイナーズマンションといえば.All rights reserved.